So-net無料ブログ作成
検索選択

激太り・激やせ芸能人画像2014

AKB48やジャニーズ・浜崎あゆみなど芸能人の激太り・激やせ情報を画像と動画を混じえて書いていきます。ダイエット関連の情報も満載でお伝えします!

キムヨナが激太り!? [激太り芸能人]

キムヨナが激太り!?


バンクーバーオリンピックでは金メダリストで、2月に開催されたソチオリンピックでも銀メダルを獲得した韓国のキムヨナが激太りしたと噂になっています。


これについて、いろいろと検証していきたいと思います。


毎回最後にダイエット情報を掲載していますので、ご覧になってください。


今日の人気アイドルブログランキング!

[スポンサーリンク]






早速、キムヨナが激太りしたという画像を見てみましょう。ビフォーアフターになっています。

キムヨナ激太り画像.png

普段からとても可愛らしいキムヨナですが、左の画像では二重あごが目立ちますね。この画像はソチオリンピックの前のものなので、少し時間が経過しているようです。


右の画像ではとてもスレンダーボディが見れます。
もちろんソチオリンピックの時にはしっかりと痩せて引き締まった身体に戻っていました。


ソチオリンピックでの演技は、誰が見ても華麗で素晴らしいものがあり、観客を魅了しましたね。私もテレビで見ていて素晴らしい演技だと感じました。


地元ロシアの選手に金メダルは奪われてしまいましたが、金メダルに値する素晴らしい演技だったと思います。


その演技からは、激太りしていたことなど、とても想像がつきませんね!


永遠のライバルと言われた浅田真央との対決も見ものでしたが、我らが日本代表の浅田真央はショートプログラムでのミスが影響して、残念ながらメダル争いには参加できませんでした。


でも浅田真央のフリーの演技では、誰もが感動させられましたね!
滑り終えた瞬間に浅田真央が号泣したのを見て、テレビの前で感動してもらい泣きした方も多いと思います。実は私もその一人でした(感動)!!


それくらい見ていて素晴らしい感動的なフリーの演技でした。
8つの3回転ジャンプを見事に成功させて、全くミスのない演技で、自己ベストの得点を叩き出した浅田真央でした。


フリーの演技だけを見れば、キムヨナにも劣らない、メダリストになってもおかしくないスケーティングでしたね。


我らが浅田真央です!本当に感動をありがとう!
と言いたいです。

[スポンサーリンク]






さて肝心なキムヨナですが、何故、激太りしてしまったのでしょうか!?


キムヨナは、バンクーバーオリンピックを終えたあとに、心身ともに満たされた感じがあって、しばらくスケートとは離れた生活を送ることになりました。


今回のソチオリンピックも長い間、実践から離れていての復帰だったので、不安に思う声も多くあったようですが、終わってみれば見事な演技で銀メダルでしたね!


そんなバンクーバー後のブランク期間に、キムヨナは芸能活動など幅広く活躍していたようです。


そのせいもあってか、今までスケート一筋で来ていた生活を一変させて、ガラリと生活習慣が変わってしまったわけです。


いくら一流の選手でも、今までの運動量がゼロになって、多忙な芸能活動をして、おいしいものをたくさん食べていたら絶対に太ってしまいますよね!


おそらくキムヨナが激太りしたと言われた背景には、スケートのブランク中に少し太った写真などが、メディアに掲載されて、激太りしたと言われてしまったのでしょう。

キムヨナのスピン.png

上の写真も下半身が少し太っているようにも見えます。華麗なスケートの滑りをみせている画像ですね。


実際にそんなには激太りはしていないのでしょうが、上の写真の二重あごはさすがにちょっとやばい感じはしますよね!バンクーバーのときのキムヨナだったら、あの二重あごはなかったでしょうからね。


でも長いブランクと激太りがあっても、ソチオリンピック本番までには、ベストコンディションに仕上げてくるのは流石だと思いました。


本当のプロフェッショナルですね。
体重やコンディションを元の状態に戻してくる強い精神力と肉体は素晴らしいですね。


とても長い間、休んでいた選手とは思えないほど、安定した華麗な滑りでした。
開催国がロシアではなかったら、もしかしたら優勝していたかもしれません。


そのへんの採点ジャッジ問題も、一時期話題になりましたが、それに関してはキムヨナ本人もベストな演技ができて満足していると、コメントを述べているので、良しとしましょう。


これに関しては、キムヨナ以上に周りのメディアが過剰に騒いでしまったようです。


キムヨナは今回のオリンピックでの、現役引退を以前から表明していました。
このソチオリンピックが現役最後の滑りになるとあって、気持ちも引き締まっていたのでしょう。


だからこそ、過酷な練習を積み重ねて、ベストコンディションを作り上げ、銀メダルを勝ち得たのだと思います。


キムヨナのスリムだった頃のフィギュアスケート姿の画像を一枚見てください。

キムヨナ華麗なスケーティング.png

顔も脚もとてもスリムで、カッコイイですね!!
やはりバンクーバーの頃よりは、今回のソチでは少し脚なども太くなっているような感じはしましたが、決して激太りとは言えませんね。


これでキムヨナのスケートが見れなくなるのは、とても残念ですが、世界中の人々の記憶の中には永遠に刻まれていることでしょう!!


やはり世界最高得点を叩き出した演技力は半端じゃありません。
おそらく現役のどのフィギュアスケート選手と比べても、女子ではNo.1だと思います。


男子で言えば、今を輝く羽生結弦などがいますので、そこは日本が誇れるところでもありますね!!
ソチオリンピックではプレッシャーを跳ねのけ、見事に金メダルを獲得しました。これからも男子フィギュアスケート界のエースとしてしばらくは君臨してくれることでしょう!


日本の女子フィギュアスケートも浅田真央に次ぐ、新しい新生が誕生してくれることを願いましょう。
トリノオリンピックの荒川静香以来の、女子フィギュアスケートでのオリンピック金メダリストが誕生してくれることを期待しましょう。


キムヨナも素晴らしい選手ですが、日本のフィギュア界も韓国に負けてられませんからね!
韓国がキムチパワーなら、日本は寿司パワーで対抗です(笑)
すいません、くだらない寿司ネタを出してしまいました(笑)お許しを!


さてさて、キムヨナの激太りをまとめると、決してキムヨナは激太りはしていないということですね。 バンクーバーオリンピックが終わってからの、ブランク期間に少し太ってしまったものの、決して激太りまではしていないということです!


今後は、韓国国内で次世代のフィギュアスケート選手を育成するために指導者になりたいと語っていました。


2018年は韓国で冬のオリンピックが開催されることが決定しているので、その時までにキムヨナに匹敵するような教え子を育てていることを楽しみに待ちましょう。


今後もキムヨナの現役選手意外での活躍にも期待したいと思います。
また日本にも遊びに来て欲しいですね!


【本日のダイエット情報】

今日はまた自宅でもできるエクササイズのご紹介です。

「スクワット」

スクワット.png

これって定番すぎてしまうんですが、でもダイエットには物凄く効果的です。

脚と臀部の大きな筋肉を使用するので、エネルギーをとても多く使います。
トレーニング時はもちろんですが、臀部などにしっかり筋肉がつくことによって、日常生活でもエネルギー消費量を上げてくれますから、より多くカロリーを消費できる体になるわけです。

そして臀部や太ももの引き締めにもなります。

今回私がオススメしたいのは、「ワイドスタンスのスクワット」です。
上の画像のスクワットよりも、脚の幅を大きく広げて行ってください。

お相撲さんがシコを踏むような感じの動きになります。

ワイドスタンスのスクワットは「内もも」の筋肉をより多く動員するエクササイズになりますので、太ももがより引き締まって細くなりやすいです。

ダイエットにはもってこいのスクワットになるわけです!

太ももを引き締めて細くするポイントは「内もも」をしっかり使うことです。
これを読んでいただいた皆さんは、是非ともご自宅で実践してみてくださいね!!


そのうち、太もものダイエット法などもブログ記事で書いてみたいと思います。
お楽しみに!!


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
最後に今日の人気アイドルブログランキングをチェック!


アイドル ブログランキングへ

[スポンサーリンク]





共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。